コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<口蹄疫>「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、発生農場から半径10~20キロの搬出制限区域内の牛と豚を早期出荷する新たな防疫対策を迅速に進めるため、農林水産省は県内7カ所の食肉処理センター活用の検討に入った。また、移動制限区域の牛と豚計約14万5000頭に対するワクチン接種は25日、98%が終了の見込みとなった。

 早期出荷の対象頭数は、未感染の健康な牛約1万6500頭、豚約3万2000頭。制限区域外の5施設を含む7施設での処理は、運搬車両の消毒を徹底し、関係自治体の理解を得て特例措置として運用する方針。

 搬出制限区域でも、精肉やハムの出荷は可能で、口蹄疫発生後も日向市にある豚の処理場は稼働している。移動制限区域(半径10キロ内)の都農町にある食肉処理場でも近く処理が可能になる。7施設合わせた1日の処理能力は牛約280頭、豚約5990頭という。

 一方、ワクチン接種後に殺処分される牛や豚の埋却地として、航空自衛隊新田原基地(新富町)の用地を活用することが決まった。山田正彦副農相が24日明らかにした。【石田宗久、小原擁】

【関連ニュース】
<写真特集>拡大する口蹄疫被害
口蹄疫:「対策法案」自民と公明が提出
口蹄疫:「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設
口蹄疫:赤松農相、初めて陳謝
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相

<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
<参院選>過半数割れなら首相退陣も 渡部恒三氏(毎日新聞)
小沢氏、会期延長せず「正面突破作戦」(産経新聞)
<日米外相会談>「同盟」テコ、対米優先に地元反発(毎日新聞)
子ども・子育て白書を閣議決定 異例の通称変更で「少子化」消える(産経新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。